プロフィール

吉村さん

  • Author:吉村さん
  • 天真爛漫☆超お気楽☆謎だらけ☆なでぃらさん(ぢら、じら)の経営するリアルでのわけわからん話とネットゲーム(RO,ECO,TW)でのわけわからん話をツラツラツラツラ書き連ねただけの極少数の閲覧者だけで満足する「もはやブログじゃねえよww」がコンプセト、コセンぷっ、ッコンセプト、コンセプトの素敵で撫でたくなるぶっちゃけもうわけわからんブログのようなサイト!!!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/03/29 (Wed) 22:49
続き

Please Your Smaile 2







次の日親切屋さんは、またも営業をしてしまった。

通学路の途中で、なにやら地面とにらめっこしている若い男の人を見かけて、ついつい

「どうなさいました?」

と声をかけてしまったのだ。

男の人は、

「コンタクトレンズを落としてしまったんです・・・」

と力なく答え、利子はどうしても一緒に探さねばならなかったのだ。

結局、見つかったのだが、

おかげで今日も遅刻。

しかし、レンズを渡した時の男の人の顔といったら。すっごく嬉しそうだった。

しかし担任の佐伯はすっごく嬉しくなさそうだった。

「今まで目をつぶって出席簿に出席、って書いてたけど、もうこれからは全部遅刻、って書いちゃうよ?それでもいいの?」

「すいません~」

佐伯は優しさと厳しさの調和の良さが定評の人気のある教師だが、受験生に対して、特に自分のクラスの生徒に対しては、その調和が崩れていた。

つまり、厳しさの方に偏っているということだ。

「差別だよ」

と思う生徒もいるかもしれない。

でも大抵は、

「受験生だから」

と自分の中で理解しているのがほとんどだ。


「孝子ちゃん、すっごい悪そうだったよ」

学級委員の綾瀬 理奈が言う。

「出席簿渡す時、リコの名前見た瞬間、鼻息荒くなったもん」

「もうこれ以上遅刻しないでね。親友である私の名誉が傷ついちゃう」

「優等生気取りしちゃって!・・・・でももう遅刻は致しません。本当に皆様、これからも宜しくお願いします。」

「申し訳ありません、でしょ」

みんなが笑った。

利子は自分の目の前にある弁当を見て、

ああ、新学期が始まったんだな、と思った。

もう始業式も終わって数日。これからは授業がみっちり入っている。

チャイムが鳴った。昼食の時間の終わりを告げたのだ。

昼休みに入り、生徒がざわめく最中、

「宮島ー」

という男子の声が聞こえた。

「またアイツよ、リコ」

と美加が言った。

「栄太君ね。行ってくる」

教室の入り口から飯塚 栄太が顔を出していた。

「数学の教科書、貸してくんねーかな?」

「数学?うん、いいよ」

利子はそう答えると、教室の中へ戻り、そして栄太に教科書を手渡した。

「サンキュ、な」

栄太は軽く手を振った。

「うん、今日の数学、難しかったら言ってー」

と利子は去りゆく栄太の背後から言ったのであった。

教室に戻ってみた時の美加達の顔といったら。

阿修羅観音のようであった。

「リコ、アイツに甘くない?」

と美加。

「アイツ、人に借りすぎよ。特にリコに」

と理奈。

「そうだけど、貸さなきゃ困っちゃうでしょ?」

利子は全く気にしていない。

「甘すぎよ。もう少し厳しく。バラのトゲを生やしなさい」

「美加はトゲだらけなのよ」

理奈が笑いながら言った。

「トゲは少しだけでいいの。リコはトゲすらないのよ」

理奈が笑顔で言った。

「ふうん・・・」

利子には理解しづらいことであった。

誰にでも親切しちゃう、そんな子であったし、

頼まれたことは全部断れない。

そんな私にトゲを持てだなんて、とっても無理だわ。

というのが利子の心境であった。


美加は理奈の冗談でふくれた顔をしていた。


「ホウキとってー」

放課後の掃除の時間。

利子は今日掃除がなく、美加と理奈が終えるのを待っていた。

「宮島いる?」

ドア越しに栄太の声が聞こえたような気がした。

そういえば教科書を貸したんだった。

「宮島ー、教科書」

「あ、はーい」

利子はドアに駆けていった。

「今日、結構難しかったぞ。じゃあコレ・・・本当にありがとう」

「うん、どうも。今日難しかったのかあ」

「ああ。三平方の定理で特に覚えにくいのがあったんだ。特に覚えづらくてよぉ」

「リコー」

ざわめく教室の中で美加の呼ぶ声がした。

「あ、じゃあそろそろ帰るね。また明日ー」

利子は手を振った。

「またな」

栄太は小さく手を振った。

去りゆく利子の背中を見て、栄太は愛情が沸いてきていた。

そして不器用に言ったのだ。

「―あ」

利子が振り向く。

「なあに?」

栄太はしばらく硬直していた。

何かを掴むような手の仕草をしていた。

「―なんでも、ないや」

「そう。んじゃ帰るねー」

「ああ、ごめんな」

栄太は自分の教室へ戻っていった。

利子が顔を戻すと、佐伯の姿が大きく映っていた。

「うお、先生。ビックリしたあ」

「宮島、明日は―」

「遅刻したら許さない、でしょ?」

佐伯は今回ばかりは利子はしっかりしたものだ、と感心してしまった。今回ばかりは。

「わかってるじゃないー。」

「でしょ?先生。私、根は立派なんだから」

「いやね、さっきあんたが男とうつつを抜かしていたもんだから、気になってね」

利子の顔が真っ赤になった。

「先生見てたの!?」

「男遊びはほどほどにしろよ!」

と、佐伯は顔を指を突付いてきた。

職員室へ向かう佐伯の背中を見て、

「そんなんじゃないよぉー」

と利子は叫んだのであった。

「美加、何してんの!」

と美加と理奈から叫ばれた。

「ごめーん」


駆けてゆく利子の姿を見て、

より一層利子のことが好きになってしまった栄太は、

自分がさっき『ついついやってしまった小さな告白』を、後悔せずに立っているようだった。
スポンサーサイト

2006/03/29 (Wed) 21:48
新作

Please Your Smaile








「すみませーん!」

駅のホーム内に響く少女の声。

「カバン、落としてますよー!」

とても大きな声は、物凄く、遠くにいる人に呼びかけているようで、

実際そうだった。

カバンの持ち主であろうと思われる初老のお爺さんはクルリと振り返り、

遠くから駆けてくる少女の姿を目に焼き付けたのだった。

「はいこれ!もう落とさないでくださいね?」

少女は満面の笑顔でカバンを差し出し、お爺さんはそれを受け取った。

「ああ・・・ありがとうお嬢さん。このカバンの中、大した物はないんで、落としたって気にしなかったけれど。
お嬢さんが必死で届けてくれたから、大事な物になってしまった。本当にありがとう。」

と、お爺さんは言った。

「じゃ、私、学校に遅刻してしまいますので、これで!」

と少女は雑踏の中へ駆け込んでいった。

お爺さんは少女が去ってゆくのを見届け呟いた。

「名前、聞いておくべきだったかな?ずっと覚えていたいからな・・・」

と、残念そうに。

その少女の名は宮島 利子。

近くの中学校に通う3年生で、小柄で、髪が少し短めの子だ。

美人、というまでもないが、まあどちらかと言えば可愛いと呼べる程度だった。


「おい宮島~、また遅刻かー?」

担任の佐伯 孝子が叫んだ。

教室の後ろのドアから申し訳なさそうに入り込む利子は槍に突かれたように震えた。

「すいません・・・・」

「全く。宮島は受験生なんだよ?もうアンタ遅刻何回目だと思う?・・・高校、ダメになっちゃうよ~?」

ダメになっちゃうよ~?の部分を特にゆっくりと言われた為、利子はギクリを身を引いた。

「はあ、遅刻減らさなきゃなぁ・・・」

「あんた朝家で何してんの?」

席につこうとする利子に話しかけたのは、親友の木村 美加だった。

「家はすぐ出る!ただ・・・」

「ただ・・・?」

「・・・・やっぱりまだ話さない!」

「何よ、もう。いつか話してよ?」

利子は黙り込んでいた。

学校でも『親切屋さん』なんて言われてるんだから。

駅でも親切やってるって言っちゃったら、

『親切屋さん』なんかじゃなくって、もっと過剰な呼ばれ方になっちゃうかもしれないじゃない!


外はまだ夏の香りが残っており、

空は青く、木々はまるで呼びかけるように揺れている。

今日は夏休みの学年登校日だったのだ。

「リコ、勉強してる?」

「ううん、やってない。美加は?」

「ぜんぜん。」

「一緒かァ・・・」

「一緒にしないで。」

「何で?」

「あんたより優等生なの!」

「この優等生気取りが!」

二人で小突きあいながら通りを歩いていた。

「おばあちゃーん、はやくー」

小さな男の子が横断歩道の前で叫んでいた。

後ろには、重たそうなスーパーのビニール袋を両手を提げたお婆さんが辛そうに歩いていた。

「もっ、持ちましょうか?」

利子は走って手を差し伸べた。

「あら・・・じゃあ横断歩道のとこまでお願いできるかしら?孫が待ってるの。」

「はい!」

利子は元気よく返事をし、袋を抱えた。

汗が額をよぎる。

太陽がカンカン照り。

それでもゆっくり足を伸ばしていった。

「持とうか?」

運ぶのに夢中で隣に美加がいることなんて気づかなかった!

「下、持ってて。」

と言うと、美加は下を支えてくれた。


「本当に、ありがとうございます」

「いえいえ。バイバイ、ボク。」

二人はお婆さんと男の子を見届けていた。

「あんたってほ~んとうに、親切屋さんね。

「それ、言わないで」

「だって本当なんだもん。親切屋さ~ん、私のカバン持って~」

「自分で持て!」

「ケチ屋さんね」

やや日は沈み、赤みががった光が二人の影を映していた。

2006/03/22 (Wed) 13:34
ついか

スリーパーに火付与、火場、パサナ服、カウンターダガーを使うと

クリティカルダメージ 468
クリティカル率 86.5%

すっご!

魔法は


最小与ダメ 1568(224×7hit)
平均与ダメ 2590(370×7hit)
最大与ダメ 3626(518×7hit)


といったかんじ。

いいな・・・買いたいなかうんたーだがー。

2006/03/22 (Wed) 13:29
セージが・・・

どうも。

久しぶりに書いてみましょ。

はてさて今回のテーマは



セージのTUEE武器を探す!


昨日「JOBLvが1あがるごとに500k」というバイトで16Mがっぽり稼いできたので、資金が26Mに。

ケミ武器を買うっつっても、もう+7Tbdサーベルあるしねえ・・・

ということでセージ武器。


ステ的にいえば私のセージは現在79/49。INT90+12 AGI67+6といった感じのFCAS。

Fleeは172くらいだったかな?牛さんが87%回避できるといったところ。


現在使用している武器は+7DHバイブル。120程度のATKに蟻2枚で+40。更にINT+2.本修練も10とってあります。

しかし、STRが初期値のままなので、ダメージはさほど期待できません。

ラトリオでオットーを相手に風付与した時の場合をやってみましたら、

最小与ダメ 96
平均与ダメ 175
最大与ダメ 255


と出ました。

魔法もINT105と考えてやってみると

最小与ダメ 2387(341×7hit)
平均与ダメ 3269(467×7hit)
最大与ダメ 4151(593×7hit)

といった感じ。

物理攻撃はちょいと不安定ですが、魔法は申し分ない。更にFCASなので結構期待できるといったところ。

ただ、大型や硬い敵には物理攻撃が比較的弱い。

将来はSTR20~30ほどのサマルトリアにする予定なので、ちょいと心配ですね。


さて、セージのTUEEE武器として挙げられるのが、



Cri+90 ATK140 サイズを気にせず硬い者をバサリと斬る、


カウンターダガー!!


ATK75? MATK+10% INT+5 火属性 スーパーマジカルナイフ


バゼラルド!!



ATK100 S2 MTK+15% INT70以上でMTK+5% STR50以上でASPD+5% 本の中の本


賢者の日記!!




さァ、この中で勝利の女神が微笑むのは誰なのかッ!??


ここで各武器の特徴を挙げてみようゥゥゥ!!!!


カウンターダガーは、硬いヤツに強い!

DEX初期値でもあたりやすい!

『殴り』セージ界で最強武器!

かっけーーーー!

短剣なので本修練の恩恵が受けられない!

相場は不安定で20~50M。生体3FのMOBが落とすようになった!


バゼラルドは、とにかく魔法!

ボーナスがすごい!

ASPDが早い!

ATKが低い!

相場は三大武器の中で一番安い!12~15M!


賢者の日記は総合的に最高!

スロットが2つある!

本の中で唯一MTK+15%!ウチの子INT90だから更に+5%!

本修練が適用される!

相場めっちゃ高そう(Bijouで一度も見たことない!)

DROPは生体3FのMVPマーガレッタのみ!



さァ、ラトリオですべて計算してみようゥ!!



賢者の日記に風付与してオットーいった場合!!

物理ダメージはバイブルより多少↓!!!

しかし魔法はすごい!INT105で


最小与ダメ 2926(418×7hit)
平均与ダメ 3976(568×7hit)
最大与ダメ 5047(721×7hit)


だ!!!!ただし、INTボーナスが付いていない為、INTに2振らねばならない!



バゼラルドの場合は、

・・・・計算したら賢者より弱かった。

なので省く。



カウンターダガーは!?

クリティカルダメージ 246
クリティカル率 75.3%

といったところ!

魔法はINT105の場合で

最小与ダメ 2387(341×7hit)
平均与ダメ 3269(467×7hit)
最大与ダメ 4151(593×7hit)

だ!!!!!ただしINTには3つ振っている!ポイントの無駄!

ただ本修練を削ることが可能!

属性場とかとれるかn

STR30の場合でバイブルとカウンターダガーを計算してみる!


カウンター クリティカルダメージ 302

バイブル  最小与ダメ 190
      平均与ダメ 269
      最大与ダメ 350

バイブルのがつおい('A`)


し、しかしカウンターダガー限定の風属性場をとってみると!


クリティカルダメージ 362

すこしふえた.....(;__)/

あ、魔法も強くなるんや!

最小与ダメ 2863(409×7hit)
平均与ダメ 3920(560×7hit)
最大与ダメ 4977(711×7hit)

けっこうふえた('▽'*)

Fleeも190いく!!

こりゃあいいじゃないか!!!

ほしいなカウンターダガー!

かっこいいよきっと

FCAS+赤い鮮血クリティカル



わあああほしいいいーーーーー!

2006/03/14 (Tue) 08:04
めも

1.生命倫理クエストはリヒタルゼン北西にあるレケンベル本社(104,243)で取得する
2.本社に入って右にある地下通路に潜入する。
  ただし、通過するには「スピンガラス」と「白ひげ」を装備していることが条件。(※1)
3.[ケルラソス]に話しかける。「研究の邪魔だ!」と怒られるまで何度も話す。
4.[スクラザド]に話しかける。
5.[キャッシュヒーゲン]に話しかける。
6.[ブランチョ]に話しかける。
  [ブランチョ]だけはリヒタルゼン中央からちょっと南西のホテルにいます。
7.本社に戻り、また[ケルラソス]に話しかける。
  試験を受けることになるので、3~6で得た知識(ホムンクルスのスキルの説明)を元に回答する。
8.リヒタルゼン北出口からちょっと右下の家屋にいる[ケルラソス]の息子[コリング]に話しかける。(※2)
9.また本社に戻り、[ケルラソス]に何度も話しかけることで「生命倫理」スキルを習得できる。

「生命倫理」を取得すると、スキルツリーに従って各ホムンクルススキルを取得可能。
また、ホムンクルスの元となる「エンブリオ」を作成できるようになる。
作成にはファーマシースキルを持っていることのほか、以下の材料が必要になる。(アルケミストギルドでNPC販売)
イグドラシルの露:20,000z
ガラス管:5,000z
生命の種子:60,000z

※1:「スピングラス(20,000z)」はアルベルタで、「白ひげ(5,000z)」はゲフェンであらかじめ購入できます
※2:※NPCの名前は[コリング]とは書いてないらしく、話しかけて初めて[コリング]であることが分かります

2006/03/10 (Fri) 17:53
さあて

とうとうまふさんに

「ブログ更新してないね」

といわれてしまったので、前に書いた小説でも載せときます。

ぢら作品集にある「アパート」っていう怖い小説なんだけど、

まあある掲示板に載せといたら好評だったから。

もう読んだヾ(`Д´)ノってひとも読もうね!

アパートがこのブログで完結したら、お次は

「マンション」というぢら作品集にも載っていない続編を載せますから!

さあ、恐怖の世界へ足を踏み出そう!!














<1>

S市のやや北東のはずれ。

この場所に、石造りの古ぼけたアパートがある。

―このアパートの管理人が、私だ。

このアパートは10階まであり、非常に高い。

そしてこのアパートの住民も、本当に親切で。

彼らのおかげで今の私は安心して生きていられるのだろう。

挨拶はするし、

家賃も期限にまでしっかり納めてくれる。



しかし?

今月の期限はもうあと2日である。

普段なら、彼らは期限一週間前まできちんと納めているはずである。

―なぜ?


それに、彼らとしばらく顔をあわせていない。

ここ3日は、大雪警報が出ている為、外はかなりの雪が降り積もっており、出ることができない。

2階の4号室に住んでいるお喋り好きのおばさん、多田さんでさえ、最近は会っていない。

・・・なぜだろう。

私は、耐え難い恐怖に駆られ、住民の部屋を全て見ていくことにした。


1階。

1階の一号室は、私の部屋である。

隣の2号室の塩田さんとは、もう長い付き合いである。

まずは、2号室を見てみることにした。

2号室の鍵を差込み、回転させようとした。


「・・・?」

何か、違和感を感じた。

「なんだ、鍵、開いてるじゃないか・・・」

私は、初歩的なミスを身に噛み締め、ゆっくりとドアを開けた。


静寂が包む。

暗闇の中、私は、電灯のスイッチをONにした。

余りの明るさに目が眩んだ。

段々明るさに慣れてくると、私は驚愕した。






―血だらけだ。


そう、血だらけ。

壁に血、畳に血、血、血、血。


塩田さんは大丈夫なのであろうか・・・。

私は急いで他の部屋も見てみた。

3号室、血。

4号室、血。

血、血、血、血。

私は倒れそうになった。

一体誰が・・・・?

外は大雪警報により出られないはずである。

私は、今日の出来事で、頭がくらんだ。

2階から上は明日調べることとする。
















・・・・コピペして貼り付けたから今回は3分もかからなかった。

| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。