プロフィール

吉村さん

  • Author:吉村さん
  • 天真爛漫☆超お気楽☆謎だらけ☆なでぃらさん(ぢら、じら)の経営するリアルでのわけわからん話とネットゲーム(RO,ECO,TW)でのわけわからん話をツラツラツラツラ書き連ねただけの極少数の閲覧者だけで満足する「もはやブログじゃねえよww」がコンプセト、コセンぷっ、ッコンセプト、コンセプトの素敵で撫でたくなるぶっちゃけもうわけわからんブログのようなサイト!!!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/10/19 (Thu) 14:13
げっほげほげっほっほオホホホ

風邪ひきました!

のどがいたく鼻がダムみたいに水を貯蓄しています。


今日トイレでペーパーとったらなんか和紙みたいな感じだったのでおしりがいたかったです。


あとROで蜃気楼の塔がどうとかという話を学生くんブログ覗いたらあったんだけどよくわかんない('A';)

今日はまあこのへんで。

げっほほほぐえぷ。
スポンサーサイト

2006/10/06 (Fri) 18:14
きょうは

さむいぜ

2006/10/05 (Thu) 18:31
がんばれ母ちゃん

私の母は介護ヘルパーの仕事をしている。

毎日毎日自転車こいで、あっちへこっちへ介護しに。

毎日こいでるもんだから、よく

「やせたでしょう?」

とか聞いてくる。

でも私は素直に答えを言うのが苦手な方なので、

「まだ太ってるよ~」

なんて言ってしまう。


よく仕事の愚痴を言う。

「もういじわるなおばあちゃんなのよ・・・」

とか。

それでも仕事をしにいってる。


そんなある時母が私に言った。

「もう、毎日毎日介護しにいってたおじいちゃんが、今日死んじゃったのよ。もうほんとうにほんとうに悲しくって、どよーんとした感じだわ」

と。

身近な人が死ぬのってやっぱり悲しいんだな、って思った。

私は身近な人が死ぬ、なんてこと体験したことないから、

もしその日が来たら・・・なんて思うと、多分本当に大泣きするんだろうな。

母はその日中うつむいていた。


母が何故介護ヘルパーになったのだろう、と感じることがあった。

人の生命がもうすぐ隣り合う世界にいるのだ。

精神面にかかる負担はよほどのものなのであろう。

それでも何故やり続けているのだろう。

そんなことをぼやぼや考えている内に、母が話してくれた。

「私は、死んだおばあちゃんの死に目が見れなかったの。」

そういえば、私の祖母は、階段で掃除機をかけている時につまづき、転げ落ち、そして死んだのだった。たった一人、自分しかいない家で。

小学一年の頃だった。


母は話す。

「一人で死んだおばあちゃんって、どんなに寂しかったんだろうね。あたしがいれば、おばあちゃん階段から落ちなかったのにね。だから、いつもお年寄りと一緒の介護ヘルパーになろうとしたんだ。」

そうなのか、と思った。


母の目は涙目であった。


彼女は今、事務所が変わり、同業者の人から酷い叱咤を受けているらしい。

毎日毎日私や電話にはき捨てる。

終わればフーッとため息をつく。

彼女はそれでも介護ヘルパーをやり続けるのであろう。

自分の信念の元、どんなに辛くとも。

私は彼女の背中をポンとたたいて言う。


「がんばれ母ちゃん!」


と。


2006/10/02 (Mon) 18:25
今日みたいなのが「でぃら日和」っぽい。

行きの出来事。

駅についた瞬間サイフ忘れたことに気づいたので家に戻り、

案の定おかあちゃんはカンカンに怒っておりました。

遅刻確定であるのにもかかわらず、

わたくしは

「♪サイフを~わすれて~愉快~なサザ~エさん」

と歌おうとしており、歌ったところ、

「サイフを~わす」

の部分でおかあちゃんは

「何?早くしなさい」

と怖いより以前にせめて「わすれて」を言い切らせてくださいと頼み込みたいきもちでいっぱいでした!


帰りの出来事。

駅についたとたん


赤い羽根の共同募金お願いしま~~す

と元気に叫んでおられる方々がおりました。

ちょうど改札口のところに募金の女性が一人おり、

定期券を入れに改札ぐちに向かった所、

案の定その女性と目が合ってしまい、そして彼女は更に


赤い羽根の共同募金お願いしま~~す

と笑顔で叫んできましたので、

私は笑顔でスルーしてあげました。

お金はあげません。

でも私とほほえみあったつかの間の瞬間を大切にしてください




おもいますよ

2006/10/01 (Sun) 19:24
馬鹿トイレ

ウチは4階建ての借家なのです。

んで、いつもは2階のトイレ使うんですが、

今日だけ3階のトイレ使ったんです!!

んでトイレのフタまでもたれかかるように、まあいうなればめっちゃ深く座ってたわけですよ!

そしたらですね!

トイレが突然ウォシュレットのお水で発射してきたんです!

もうマ~ジでびっくりした!

トイレが私を敵と判断としか・・・・!

とりあえず彼(といれ)に言っておきます。



やーいやーいばーかばーか!!!!!!!

| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。