プロフィール

吉村さん

  • Author:吉村さん
  • 天真爛漫☆超お気楽☆謎だらけ☆なでぃらさん(ぢら、じら)の経営するリアルでのわけわからん話とネットゲーム(RO,ECO,TW)でのわけわからん話をツラツラツラツラ書き連ねただけの極少数の閲覧者だけで満足する「もはやブログじゃねえよww」がコンプセト、コセンぷっ、ッコンセプト、コンセプトの素敵で撫でたくなるぶっちゃけもうわけわからんブログのようなサイト!!!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/04/20 (Fri) 18:24
ブログリニューアルのお知らせ

細々と書いたでぃらびよりも5月6日?でやっとこ2年目となります。

サボったり書きまくったり愚痴ったりいろいろあったなー。

ブログは昔の記事を読み直すのが楽しみともいえるのですが、

過去の変な文章がとても恥ずかしくて読みたくもない(

とりあえず、でぃらびより2年目のスタートです!

新しくテンプレートだけは変え、心機一転、頑張って参ります!

また一年間よろしくお願いします。


スポンサーサイト

2007/04/19 (Thu) 18:28
イイ話

帰宅途中、色々と買いだめておきたいものがあったので99円ショップへ行った。

その帰りに、向こうの横断歩道で見覚えのある顔がみえた。



ああ、あの子だ。

覚えているだろうか?



ずんぐりと太った体、角刈り。

あの頃のままの彼だった。

彼は福岡から東京へ引越しした時に、近所に住んでいて、

母親が「一緒の小学校に通うから」とのことで家に招待したのが

初めての出会いだった。

彼は不思議そうな物を見るようにポカーンと私を見ていた。

小学校での彼は、のんびりとしていてとても優しかったが、

ひとたび怒るとだれかれかまわずツバを「ペッ!」とはきかけ、担任も手を焼いていた。

しかもかなりの頻度で怒るのである。

そのせいで彼はクラスの反感を受けていた。

私のその中の一人だった。


修学旅行中、途中の店でおみやげを買うことになり、みんなと物色していた。

男子はペンダントだのネックレスだの、ケーキを買い、

女子はキーホルダーやシャープペンシル。

しかし彼だけはアンパンマンのおもちゃを買っていた。

「なんでそんなもの買うの?」と聞くと、

「妹にあげるんだ」と彼は嬉しそうに言った。

いつもの怒っている彼とはうってかわって、そのときの笑顔は忘れられないほど、幸せそうだった。


小学校を卒業し、一緒の中学へいくことになった。

新入生招集日の日体育館に集まり、彼は私の後ろの席にいた。

すると突然体育館の正面ドアから小柄の教師が駆けつけ、

彼に何かを話し、一緒に正面ドアから抜けていった。

それから帰ってこなかった。


入学式当日、彼が身体障害者学級へ入れられたことを聞いた。

当然のように一緒のクラスで学ぶと思っていたのに、

予想外の出来事で信じられなかった。

普通学級と身体障害者学級のクラスは遠く、

入学式以来彼とのコンタクトは絶えたまま別々の進路へ進んでいった。




目の前の彼は私を見て微笑んでいた。

「覚えてる?」と言うと、

「あ、ぢらさんですね」と返ってきた。

よかった、覚えていてくれたんだ。

それから一緒に話しながら歩いていた。

「学校はどこいってたんだっけ?」

「養護学校です」

「楽しい?」

「まあまあです」

語尾にです、ます、を付けたり、私の雑談にはい、はい、と丁寧にぎこちなく返事をしていたが、笑っていた。

それからT字路にさしかかると、

「じゃあ、ここで」と言い私とは違う方向へ行こうとしていた。

「あ、あれ家はウチの近くだよね?」と言うと

「あっちになったんです」と答えた。

私は彼に「じゃあまたね」と手を振った。

彼も笑顔で手を振っていた。




忘れていたかもしれないと思っていたのは私の独断で、

彼は忘れていなかったことが嬉しかった。

時が経つと家が代わったりもするけれど、

あのときの思い出はいつまでも変わることはないと

改めて実感することができた。

これからもまたどこかで久しい人と会い、

楽しげに会話をし、そして別れるのであろう。



また、話そうね。また、いっぱい喋ろうね。

君のこと、聞かせてね。


淡い橙に照らされたアスファルトの道の上を、

私は一歩一歩歩いていった。




2007/04/18 (Wed) 17:28

霊魂を操り味方を覚醒させるソウルリンカー。

その中には呪術を駆使する者、または力を鍛え、俊敏性も備えた者もいた。

そして、ここに新たなソウルリンカーが誕生する。

その名は!



殴りエスマー!!!!









■殴りエスマーとは

殴りとエスマを両立させたソウルリンカー。

殴りは暖かい風で強化でき、エスマは倍率1000%以上もいく強スキル。

その二つが融合した時、殴りエスマーは覚醒する!



■主なスキル

暖かい風、エスマ(エスティン、エストン)、カアヒ

暖かい風は属性を簡単に切り替えることができ、殴りにもエスマにも乗る。

エスマはファーストアタックに使うと丁度良いだろう。

カアヒはソウルリンカーの防御スキルの最高峰。1~3あれば十分。


■特徴

殴りとエスマの融合により、飽きない。

殴リンカーは殴るだけだし

エスマリンカーはエスマだけだし

殴りエスマーはそのどちらもできて一挙両得。

だが注目すべきはカアヒ。

エスマ型でも、殴り型でも、カアヒはSPを圧迫する。

エスマ型は避けられず、敵とぶつかる度にカアヒが発動。

殴り型はSPの低さ、回復力の遅さで囲まれるとどうしようもない。

しかし、殴りエスマーは避け、SPも効率が良いので囲まれてもなんとか

粘ることができるのだ!


screenbijou127.jpg



■狩場

生体、タナトス等鬼強い狩場以外どこでもいける。

暖かい風と殴りとエスマの為、どんな敵にも対応でき、

カアヒで避けられずとも生き残れるからだ。


■ステ目安

AGIは70程度、INTは60程度、STRは80程度を目安としている。

因みにSTRはあやふやだ。


■武器

ステがきつい為カウンターダガーが一番。

カウンターダガーはATK140ほどで、Critical+90%という夢の武器。

クリティカル生活を満喫できます。

エスマを使う際にはアークワンド等に切り替えておくと良い。

だが聖属性風の場合は、武器を切り替えるともとに戻ってしまうらしい。

それはバグなのか、仕様なのか(?)


screenbijou114.jpg



■今後のでぃらびより

ソウルリンカーWikiのタイプ別育成法というのがあるが、

そこでは殴りエスマーはとりあげられていない。

殴りエスマーを興味を持った者は、でぃらびよりに殺到するやもしれない。




それは困る。

更新サボるから。

2007/04/03 (Tue) 02:52
1DAYのひび

1DAYチケを使ってROをやってきました。

1ヶ月半顔を見なかった仲間達と会うことができました。

たった1ヶ月半でも全く会ってないと「あー、なつかしいなあ・・・」

と感じました。

もう3年以上も付き合いになる仲間もたくさんいるし、

私はこの離れていた1ヵ月半に、小さなことですが、色々な事を忘れていたんだなーとふつふつ感じました。

この1DAYで思い出せてよかった。皆と話せてよかった。あーよかったー。


始めはぶっちゃけ話しづらかったです。

間をあけたせいか、どこかしらに恥ずかしさがあり、

どう話を切り出せば良いか・・・霧の中からボールを手探りで探すような。

こういう間をあけることが昔にも多々あるので、相手にとっても

「ひさしぶりだなー」

ではなく、

「またぢらが帰ってきたのか」

程度な考えであったと思います。

そんな中で、何も考えず「ひさしぶりー」とか言うのって、

やっぱ恥ずかしかったな。

特にこれといって話しかけられなかったし、話かけづらかったし(まあGv直前ということもありますが)

そういった面で仲間との壁を感じました。

かもけんにチョッカイもだせなかったし、

茜㌧に汁汁汁汁汁!とも言えなかったし、ひさしぶりともかけられなかった。

普段なら言えたんだろうなあ。


Gv中には冗談ぶっぱなす気にもなれなかったし、

後半はほとんど無言でした。

最後の最後に何をすればよいのかわからず、

茜㌧の罠ジャングルを踏み倒していました。

罠とかは自費で払っていたのかもしれないのに。

ごめん!と言えずにただ /無念 エモの連発しかできませんでした。


いまさらですが、

ごめんなさい・・・





Gv中は皆の前に壁があるような気がして本当に話しづらかったのですが、Gv終了後にはひつじやマフーや天が話しかけてくれたこともあり、そこから普段の私が戻ってきました。

ありがとう。

「明日はないからね!」

とか言ったはずなのに、次の日すぐにROへ繋いでいました。


その日は、マフーからテコンの養殖をしてもらい、すぐにソウルリンカーへ転職。

しかし、溜まり場に戻ってから聞きました。


【獅子に翼を】の活動停止、まっするの垢デリ引退・・


どちらも大きいです。とても。

獅子の方々は、いつも我々の溜まり場にいて、実に腹がよじれる会話をして聞いていて楽しかった。

まっするは付き合いが長く、兄貴でした。私よりしっかりしていて頼りやすいかった。



その2つの大きな存在に、私は別れを告げることができませんでした。

私のいない間に、これほど大きな出来事が起こるとは予想外でしたし、心に大きく穴があいたような、そんな感じがします。

それほど獅子の方々や、まっすると居た日々は、私にとって非常に大切だったのです。


ありがとう。またいつか。








それから昼頃、ぐらねえと道でバッタリ会い、雑談。

溜まり場へいき、マフーを加え3人で雑談。

ぐらねえの「チンコ」や「前立腺」等なつかしいお下劣な姿が見れたのは『『嬉しかった』』

久し振りに大笑いした。また期待しています。


それから2人からまた養殖させられましたし、その後はろけぱんさんからもお手伝いを・・・。

ご苦労様です。






深夜にはパルコ・どんくん夫婦が現れ、他にもちよさん、グナーちゃん、ひつじ、マフーと一緒に枝遊び。

パルコ・どんくん夫婦と会えたのも久し振りですし、

壁があるように見えた皆とも打ち解けることができました。













私の周りには、こんなにもたくさんのあったかい存在がいたんだなあ。


この1DAYで色々思い出すことができました・・・・・。

















「一番大切なモノは何?」と聞かれたら、私は友達と答えます。

小学生の頃、毎日毎日毎日毎日遊んでいたクラスと別れた経験があります。

4年生の頃です。

父の仕事上の都合で、福岡から東京へ引越しすることが決まったのです。

外でクラスの皆とめいっぱい遊んだ後、母にそれを聞かされ、私は布団の中で大泣きしました。

みんな大好きだったんです。

そしてお別れ会当日。

お別れ会のときは泣くまいと決めていました。そう、その筈でした。

でも、皆が一人づつお別れの言葉を言うごとに、私の顔は歪み、くずれ、涙が止まらなくなりました。


その日は皆と帰りました。



他にも、クラス代えの際に和やかに手を振ってくれた友達や、私の性格の悪さ(爆)を直す為に夜遅くまで説教してくれた友達・・・。

私にとって、友達が一番大切なんです。

それがROであれ、ECOであれ、TWであれ、どれも一緒です。









それではROの皆さん、私はまたしばらく繋ぎませんが、

また会えることを楽しみにしています。

そのときには大声で、

「じらがきたぞ~~~~~!ワーハッハッハ!」

と叫ばせていただきますね。


それでは。楽しかったよ!












screenbijou000.jpg

| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。