プロフィール

吉村さん

  • Author:吉村さん
  • 天真爛漫☆超お気楽☆謎だらけ☆なでぃらさん(ぢら、じら)の経営するリアルでのわけわからん話とネットゲーム(RO,ECO,TW)でのわけわからん話をツラツラツラツラ書き連ねただけの極少数の閲覧者だけで満足する「もはやブログじゃねえよww」がコンプセト、コセンぷっ、ッコンセプト、コンセプトの素敵で撫でたくなるぶっちゃけもうわけわからんブログのようなサイト!!!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/01/09 (Mon) 13:20
エッセイ

学校の朝会で、先輩が書いた作文を、先輩がじきじき読んでくださるということがあった。

その作文は、青少年のメッセージとかそういうスピーチ大会で賞をとったらしく、聞いたときに私は感動してしまった。

そのスピーチの内容とは、先輩が体験したことで、

幼いころ、商店街に母親ときて、母親が店をちょっと見に行く為に、小さな先輩を自転車に座らせたままにしておいたらしい。

商店街とはよく自転車が通るもので、

先輩の自転車に、違う自転車が激突し、倒れてしまったらしい。

泣き喚く先輩の元に、一人のホームレスがさっそうと現れ、先輩を起こし、自転車を起こし、そして先輩を自転車に座らせ、何も言わずに去っていった、とのことだ。

それで先輩は、ホームレスだって、いい人がいるものだとかなんか言ってたらしいが、私もずばりそうだった。

よく私の母親が、「勉強してないとホームレスになるよ」とか言うが、アンタさん、ホームレスを見下しちゃいないか。

ホームレスだって好きでホームレスになった訳じゃないんだよ、今の社会に適応できなかったからホームレスになっちまったんだ。

私は、数学と理科が苦手である。

それと同じように、ホームレスの方々も現在の社会が苦手だったのではないか。

人に得意、不得意があって当たり前だ。

好きでもないのに外で暮らしているのに、

指をさして、「近づくんじゃないよ」と言うのはどうか。

彼らにとって失礼である。

先輩の話でも、走っていた自転車に激突された、って言ってンだから、それを現在社会にたとえるならば随分冷たい。

助けたホームレスはお釈迦様だ。

と、私は思う。

もし、私に子供かなんかできたら。

ホームレスさんは素晴らしい人だ、と教えたい。

「あの人はね、おうちがないんだけど、それでも生きてるんだよ。すごいでしょ。寒いのに生きてるんだよ。私にゃ絶対できない。あんたも見習え」

とか言いそうだ。

子供がもしホームレスを見下したりなんかしたら、

頭をひっぱたいて教え込もうと思う。

「全部が全部汚くない。中には今の人間より暖かな心を持ってるホームレスさんもいるんだよ、それを見下したら失礼じゃん。それに、汚いからって見下しちゃ、人間のクズだね。謝りな」

とかさ。

随分とホームレスを応援しているが、

もし誰かに、「外で暮らせ」とか言われたら、

30分でアウトだろう。

私はそういうモンなのだ。
スポンサーサイト

<< エッセイ2 | ホーム | ⊂二二二( ^ω^)二⊃ >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。