プロフィール

吉村さん

  • Author:吉村さん
  • 天真爛漫☆超お気楽☆謎だらけ☆なでぃらさん(ぢら、じら)の経営するリアルでのわけわからん話とネットゲーム(RO,ECO,TW)でのわけわからん話をツラツラツラツラ書き連ねただけの極少数の閲覧者だけで満足する「もはやブログじゃねえよww」がコンプセト、コセンぷっ、ッコンセプト、コンセプトの素敵で撫でたくなるぶっちゃけもうわけわからんブログのようなサイト!!!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/01/19 (Thu) 15:11
無駄なお時間


人生で「こんなに無駄なことはないだろう」といったような体験はないだろうか。

無駄な出来事は、人の時間を食う。

ある友人は言った。

「便を切る為に下半身を少しづつあげていったら5分かかって、学校行くの遅れちゃった。あーくさいくさい。」

またある友人は言った。

「すごい辛い物食べたあとに、水を飲むんよ。飲んでも舌がひりひりするから、その後しばらく水分補給するのね。こういうのって無駄だなぁ」


私はこのような無駄な体験をつい最近体験してしまった。

私の家の風呂には、「温泉ボール」という、中に水をキレイにするであろうと思われる小石が大量に入っているモノを入れてある。

最近それの新しい物を買い、中に入れておいた。

これが災いのモトになった。

私は浴槽につかり、しばらくフンフンと鼻歌を歌っていた。あービバノンノン。

さて、あがるか。と思い、浴槽から出てみたのだが、新しく買った温泉ボールの一片がプカリと浮いていることに気づいた。

「あれれ?いつはずれたのかな」

私は不思議に思いながらボールのもう一片を探し当て、そして元に戻した。

私はそこで大変なことに気づいた。

「石が入ってない!」

きっと浴槽の底で大量に沈殿しているのだろう。

案の定、浴槽の底に足をつけたところ、大量の小さな感触が伝わってきた。

私は多大なる絶望感に襲われながら、たくさんある小さな小石を一つづつ(水の底というのは取りづらいのだ)取っていき、無我夢中に集めていった。

腰を曲げ水の底に手をつっこみ何かを探っている不気味な姿を見れば、「あんた何してんの?」と問い詰められる可能性は高いのだが、

幸いお風呂を覗き見する下賎な輩は家におらず、

私は必死に拾っていった。


10分たったのだろうか。

石を全部拾い集め、「ヤッターバンザーイ」とバンザイした瞬間浴槽の脇に置いておいたボールに手がぶち当たり、また大量の小石がお湯の中へ沈んで行った。

「ギャアアアアアアアアアアアアア」

ホラー映画より怖い出来事であった。

私はその後また石を全部拾いあげ、その後浴室の外は寒いから中で体を拭いたのだがそれでも寒いので、

足だけを浴槽につからせその間上半身を拭くという方法を考えついた。

そして足を水底につけようとした時に誤ってボールを踏んでしまい、また大量の小石を噴出させてしまうという大失態を起こしてしまった。

もう3回も拾いたくはないのでそのまま放置しておいた。


本当に無駄な時間を過ごしてしまった。

風呂に30分程度入る私だが、その日だけは1時間半以上はつかっていた。

のぼせた頭と疲れた体でそのまますぐにベッドへ直行した結果、次の日寝坊してしまった。

本当に無駄で役に立たない時間を過ごしたと思う。

皆様もお気をつけください。
スポンサーサイト

<< 素敵な枕草子 | ホーム | 雨の上野、そして下谷 >>

コメント

まんがだ。。。

でぃらさんが生きてること自体漫画。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。